AI画家与梵高的区别

AI画家とゴッホの違い

▼ゴッホといえば、あの強烈な個性である。耳を切った自画像があり、奔放なひまわりの絵がある。しかし絵画を学ぶにあたり、有名画家たちの模写を数多く重ねてきた人でもあった。とくに農民を描いたミレーに入れ込み、いくつもの模写作品を残している。

○提起梵高,我们会想到他那鲜明的个性。有切掉耳朵的自画像,也有奔放的向日葵。然而,在学习画画的时候,他也曾重视大量模仿有名画家。特别是热衷于模仿绘画农民的米勒,现在还有几幅临摹作品存世。

▼欧州の絵画だけでなく、日本から輸入した浮世絵も描き写していた。ミレーの「種まく人」にそっくりな人物と、日本風の梅の木が一つの画面に収まる作品も、ゴッホにはある。心を惹(ひ)かれた美を血肉にしていった。

○梵高不仅模仿欧洲绘画,还曾画过从日本而来的浮世绘。梵高还曾把米勒的《播种者》中一个一模一样的人物,与日系风的梅花树收放与同一幅画面之中。真是令人如痴如醉。

▼模倣を重ねる先に、独自の美が生まれる。そう考えると、あるいは王道を行く作品かもしれぬ。幅広い年代の肖像画1万5千点を分析した人工知能(AI)が、男性の肖像を描いた。米ニューヨークの競売に出品され、4800万円の値がついたという。

○在经过了反复的模仿后,就可以生成属于自己的美。这样一想的话,也许会有走捷径的作品产生。人工智能对年代相隔甚远的1万5千件肖像画进行了分析,画出了一幅男性肖像画。在美国纽约的一场拍卖中成交,价值4800万日元。

▼報道された絵をみると、黒っぽい背景に輪郭のぼやけた人物がいる。どこかで見たような、いや新味があるような。いくぶん無機質に感じるのは、AI作品だという先入観のせいだろうか。

○从报道中的画来看,黑色背景之下,有一个模糊不清的人物。好像在哪里见到过,又好像有点新鲜感觉。那几分无情的感觉,应该是我对这是一幅AI作品的先入为主的想法吧。

▼AI画家に欠けるものがあるとすれば、ゴッホが手紙に残したような情念であろう。「どんなにできが悪くっても、人間的なもののなにかを表現している作品をつくりたい」「そこに無限を描くのだ」(木下長宏著『ゴッホ〈自画像〉紀行』)。

○如果要说AI画家所欠缺的东西的话,那就是梵高在信中所留下的那份情。“不管如何艰难,我就是想创造出表现出人类的什么东西”,“在那里描绘无限的事物”。(木下长宏著《梵高自画像纪行》)。

▼精神の高揚、直感、描く対象への没入……。芸術を芸術たらしめる心の働きは人間だけが持つはずだ。しかし、そんなふうに書きながらも、よぎってしまう疑問がある。本当に?

○高扬的精神,直接的感觉,对描绘对象的深入···让艺术成为艺术的心情应该是人类所特有的吧。虽然那样写着,但脑中仍然会闪过“真的吗”这样的疑问。

  • 发表于:
  • 原文链接https://kuaibao.qq.com/s/20181029G1LN7800?refer=cp_1026
  • 腾讯「腾讯云开发者社区」是腾讯内容开放平台帐号(企鹅号)传播渠道之一,根据《腾讯内容开放平台服务协议》转载发布内容。
  • 如有侵权,请联系 cloudcommunity@tencent.com 删除。

扫码关注云+社区

领取腾讯云代金券